【6月23日 AFP】米大リーグ(MLB)の公式ウェブサイトは、16歳のフランス人少女が女子選手として初めてMLBの国際登録リスト入りを果たしたことを発表した。

U-18フランス代表の遊撃手としてプレーするメリッサ・メイユー(Melissa Mayeux)さんは、7月2日から各球団との契約資格が与えられ、女子選手のパイオニア的存在として米国の国民的娯楽である大リーグ球団の目に留まる可能性があるとされている。

MLBの国際登録リストに名を連ねるのは、通常トップレベルの可能性を持つ選手に限られているが、メイユーさんが契約締結に至るという確証は何もない。

フランス代表監督としてメイユーさんを2年間指導しているボリ・ローテルムンド(Boris Rothermundt)氏は、「メリッサは、ただ野球をできる最高の機会を求めているだけで、リスト入りした初の女子選手ということについては考えていません」と述べている。

メイユーさんの展望は、あと2年間フランスで野球技術を磨き、その後は大学などでプレーする機会を模索することだ。

「私は18歳までフランスで野球を続けて、海外の大学などでプレーする機会を得られる能力を養っていきたいです」とMLBの公式ウェブサイトに語ったメイユーさんは、「できる限り長く野球を続けていきたい」としている。

MLB初の女子選手になるには、確かに長い道のりが残されているものの、メイユーさんは8月に行われるMLBの欧州エリートキャンプの選抜メンバー4人のフランス人選手の中に入った。そこでは、元殿堂入り遊撃手のバリー・ラーキン(Barry Larkin)氏を含む、大リーグの元選手や監督から指導を受けられる。

総勢76人が参加する同キャンプは10回目を迎えるが、これまで大リーグと契約した選手はイタリアのアレックス・リッディ(Alex Liddi)とドイツのドナルド・ルッツ(Don Lutz)の2人だけで、他は大リーグ傘下のマイナーリーグでプレーしている。

兄のディラン(Dylan Mayeux)さんもU-19フランス代表としてプレーするメイユーさんは、これまで男子に囲まれてプレーしており、何の問題もなかったとしている。

「私は男の子たちと育ち、彼らとは小さい頃から知り合いです。何の問題もなく、みんなに溶け込みリスペクトしてきました。私たちは強く結ばれ、良いチームを形成しています」

18歳となる2017年には、メジャー級の選手が相まみえる第4回ワールド・ベースボール・クラシック(2017 World Baseball ClassicWBC)のフランス代表を争う可能性もある。

メイユーさんをこの2年見守ってきたMLBのマイク・マクレラン(Mike McClellan)国際育成部長は、「2017年でもまだ若いが、この2年間着実に成長している彼女はさらに実力を伸ばすだろう。WBCのフランス代表に選ばれるか?現役の間に選ばれると私は思う」とコメントしている。(c)AFP