「定番ルート」から脱却…多様化進む日本観光 訪日客の増加ペースが加速

Pocket

「定番ルート」から脱却…多様化進む日本観光 訪日客の増加ペースが加速

 

訪日外国人客の増加が加速している背景には、これまでの定番だった東京や京都といった

「ゴールデンルート」にとどまらず、クルーズ船で地方の街を訪れたり、

各地のラーメン店を巡る外国人が増えるなど、日本観光の内容が多様化していることが挙げられる。

 

「わずか数時間で店から商品がなくなった」

7月、鳥取の小村に異変が起こった。

人口3450人の日吉津村(ひえづそん)の商業施設「イオンモール日吉津」に

村の人口を超える約4000人の中国人観光客が120台のバスで押し寄せ、

医薬品や紙おむつなどを買いあさったのだ。

 

寄港時間はわずか8時間だったが、地元には億単位のカネが落ちたようだ。

その理由は、鳥取・境港に寄港した世界最大級のクルーズ船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」。

乗客定員は4905人で日本籍最大の「飛鳥II」の5倍。

全長348メートルの威容はまさに洋上に浮かぶ“怪物”だ。

米ロイヤル・カリビアン・インターナショナルが6月から上海を母港に日本などを巡るクルーズ船として就航させた。

 

続き SankeiBiz 全3ページ
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/150820/mca1508200500002-n1.htm

2:2015/08/20(木)10:25:36 ID:

中国人は観光じゃなくて買い付けだからな
3:2015/08/20(木)10:32:22 ID:

多様な選択肢があるのは観光地としての強みだ
4:2015/08/20(木)10:39:08 ID:

豪華客船に乗っかって来てまで、やるようなことでは
無いように思う。