国産初ジェット旅客機MRJ90、米国内で「飛べない」可能性高まる・・・0.6トン重すぎる

Pocket

航空経営研究所「航空業界の“眺め”」
国産初ジェット旅客機MRJ90、米国内で「飛べない」可能性高まる…0.6トン重すぎる
橋本安男/航空経営研究所主席研究員、桜美林大学特任教授、運輸総合研究所客員研究員

三菱航空機の小型旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の試験飛行と開発が、いよいよ佳境に入ろうとしている。
5月31日からは試験機2号機が加わり2機体制で飛行試験が行われ、日に複数回のフライトも実施しながら、
開発が急ピッチで進められている。7月末には、米ワシントン州のモーゼスレイクへと旅立ち、
米連邦航空局(FAA)とも連携を取りながら、夏以降4機体制で本格的な飛行試験が行われる運びである。
MRJの納入予定時期は当初13年だったが、開発の遅れを理由に度重ねて納入は延期され、
昨年12月には従来の17年春から18年半ばに先送りすると発表されていた。
そんなMRJの開発も、今や順調な軌道に乗ったようにみえる。

ところが、仮発注も含め300機以上も発注を得た主たる市場である肝心の米リージョナル航空会社(地域航空会社)で、
MRJ90(88席)を現状では運航できそうにないのである。その理由は、大手航空がパイロット組合と結ぶ労使協定にある。

強いパイロット組合

アメリカの大手航空会社は、破綻と破産法11条による再生を繰り返しながら、今やデルタ航空、アメリカン航空、
ユナイテッド航空のビッグスリー3社に集約されている。各社は自社で国際線と国内線の基幹路線(ハブ)を運航し、
小需要の路線(スポーク)についてはリージョナル航空会社に運航委託している。これが「ハブ・アンド・スポーク」
と呼ばれる路線形態である。
そして、実は大手航空はこのリージョナル航空への委託契約によって、最終利益の大部分を得ており生命線である。
しかし、大手航空のパイロット組合から見れば、このリージョナル航空への委託が増えることは、
自分たちの職域を侵すものにほかならない。ましてや、リージョナル航空が運航する機体(リージョナル・ジェット)が
大型化してきたことは看過できない事態であった。そこで、労使交渉の末、スコープ・クローズと呼ばれる協定を結び、
機材の席数、大きさを制限することになったのである。

続き Business Journal 全3ページ
http://biz-journal.jp/2016/07/post_15934.html

 

2:2016/07/18(月)12:18:37 ID:

ボーイングが提唱する三菱とのステルス戦闘機の共同開発を受け入れろという圧力
3:2016/07/18(月)12:24:06 ID:

ソースがサイゾーのニュースは元ネタを確認してからじゃないと何とも言えないな
4:2016/07/18(月)12:36:53 ID:

既に米国スペシャル開発中
5:2016/07/18(月)12:39:22 ID:

ようわからんが、ホントにそれがネックならエンジン出力制限して600kg下げた版作ればいいんじゃね?

6:2016/07/18(月)12:41:32 ID:

>>5
エンジンはアメ製
7:2016/07/18(月)12:42:33 ID:

0.6tなら燃料タンクの上限値削れば余裕じゃね?
8:2016/07/18(月)12:48:44 ID:

0.6t軽量化することは、できるだろうけど

スコープ・クローズの協定を0.6t重くても良いように
変えて貰えれば軽量化する必要がない。

難しい判断だな。

9:2016/07/18(月)12:56:32 ID:

そうだシートをなくそう!w
10:2016/07/18(月)13:29:34 ID:

燃料だけで対応しても
満載3200USガロンが12000lの9600kgくらい
軽量化無視して確実に1/16は航続距離減るか
後は積荷次第でさらに圧迫?
11:2016/07/18(月)13:37:19 ID:

デブの搭乗を拒否するばよくね?
12:2016/07/18(月)13:42:04 ID:

>>11
5人搭乗拒否すれば飛べるな
13:2016/07/18(月)13:45:49 ID:

中国の妨害がなければ飛べるよ。
我々のは認証も受けていない。日本製を飛ばすのは中国差別w
14:2016/07/18(月)14:12:05 ID:

アメリカ人がデブすぎるんだろ
15:2016/07/18(月)14:16:07 ID:

ほんと、アメリカ航空会社パイロット協会は航空技術革新の邪魔ばかりするよな。
かつてボーイングが世界に先駆けて中型機初の2メン機となるB767を発表したら例のパイロット協会が
「FEの雇用が守られなくなる!」と大反対したため、泣く泣くFE席付の3メン機に設計変更を余儀なくされたら、
間もなくしてエアバスのA310に先越されて急遽2メン機に戻すというゴタゴタが有ったからな。
アメリカは労働者の力が強すぎて、世界一の先進国でありながら今だに産業用ロボットの導入率は日本より遥かに低いんだよ。
16:2016/07/18(月)17:16:59 ID:

>>15
ほんとそれ。自動車産業の衰退も半分は、自爆だし。

18:2016/07/19(火)06:48:10 ID:

>>1
TPPで解決するだろ。
19:2016/07/19(火)15:26:24 ID:

これだけ労組が強いのに
アメリカは共産党がダメなんだよなあ
共産党が労働者の味方でない証拠だな日本にも別に共産党がなくてもいいわけだ
むしろ害になる

20:2016/07/19(火)15:40:10 ID:

法律の規制緩和が機体納品までに間に合うと良いんだがな
ダメなら70席まで減らしたバージョンが納品される事になる。
21:2016/07/19(火)15:40:49 ID:

22:2016/07/19(火)16:01:31 ID:

>>12
つまり座席数を減らして、その分一つ一つの座席を大きくすればいいってことだな。
馬鹿みたいに簡単な解決法だな。
23:2016/07/19(火)16:26:46 ID:

そうしたら運航会社が商売にならんじゃないか
24:2016/07/19(火)16:41:52 ID:

600kg位 減らせよ
なんとしても 米国進出しないと お先真っ暗だぜ
27:2016/07/19(火)17:24:03 ID:

>>22
マジな話、今のアメリカ人はとんでもないデブが多いから
アメリカ用は座席をとびきり大きくしないと乗れないんじゃね?
28:2016/07/19(火)19:18:58 ID:

米国産部品分は免除してくれ
29:2016/07/20(水)00:41:47 ID:

0,6t減らすのは簡単、問題は形式認定
オリジナル版と0.6t減版の二種類取るのを嫌がって居る
膨大なコストが掛かるから、