ドイツでヒトラーの「わが闘争」再版へ 第2次世界大戦後初

Pocket

アドルフ・ヒトラーの政治宣言「わが闘争」が第2次世界大戦後初めて、
ドイツで再版されることになった。注釈つきで来月、出版される。
ミュンヘンの現代史研究所(IfZ)は、3500カ所に注釈をつけて4000部を刷る予定という。
IfZのアンドレアス・ビルシンク所長は、専門家のコメント付きで出版することによって、
この本にまつわる「神話を打ち砕く」ことになると意義を説明した。
しかしユダヤ系市民団体は、ナチスによる著作は再版すべきでないと抗議している。

続き BBC
http://www.bbc.com/japanese/34981181

関連
【国際】「わが闘争」来年、独で再出版か 主張は誤りと解説 [H27/2/21]
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1424450329/l50

 

2:2015/12/02(水)18:16:15 ID:

読み終わったドイツ国民がメルケル見たらどう思うやらwww
4:2015/12/02(水)18:16:59 ID:

ドイツの法律で禁止してるんと違ったんけ?
まぁ、検証する事は良いことだと思うけど時期が悪いんと違うか?
5:2015/12/02(水)18:24:09 ID:

いや、なぜこのタイミングでw
6:2015/12/02(水)18:24:46 ID:

禁書は、人類の知性に対する冒涜です。極端な性的虐待と、暴力・虐殺・破壊活動をそそのかす本以外は、

禁じられるべきじゃ無い。

てか、一日二日で出版できるような本じゃ無いから、

ずっと前から進めてたんだろ。

7:2015/12/02(水)18:45:20 ID:

ちょび髭のおじさん「わしの出番かの?」
8:2015/12/02(水)18:48:21 ID:

>>4
ウッキより引用
ドイツでは民衆扇動罪によりナチス党およびヒトラー賛美につながる出版物の刊行が規制・処罰の対象となっているため、著作権を保有するバイエルン州政府は、ドイツ国内における本書の複写および印刷を認めないことでドイツ連邦政府と合意している。
そのため、現在ドイツ国内で流通している『我が闘争』は古書と他国版のみである。
ヒトラーの死後70年にあたり著作権の保護期間が終了する2015年12月31日以降、注釈本としての復刊がミュンヘンの現代史研究所(英語版) (IfZ) によって計画されていた。
ホロコースト生存者からの反対を受け、一時は出版を取りやめることを発表したが、2014年1月24日に至りバイエルン州政府は学術的な注釈を付けた同書の発行を認める方針に転換した。
9:2015/12/02(水)18:48:53 ID:

またアレな時期に・・・
10:2015/12/02(水)18:51:26 ID:

>>8
なるほどね。
しかし「この部分はこういう読み方をしなさい」なんて教育されたくないな。
俺たちには日本版があるから良いけどさ。
11:2015/12/02(水)18:54:41 ID:

>>10
ドイツ人でも学のある人は、英語版なんかで「わが闘争」を読んでいるみたい。
12:2015/12/02(水)18:57:42 ID:

>>11
あと、隣の国の図書館まで足を運べば読めるらしいですよ
神田で亀文字のマイン還付を購入したという蔵書家渡部昇一だったか、あのあたりの論客が言ってた
13:2015/12/02(水)19:00:42 ID:

>>12
ああEUは、一泊旅行で”外国”へ行けるからな…
14:2015/12/02(水)19:01:14 ID:

日本語訳文庫版を持ってたことはあるが、読むのに挫折した記憶がある
いつの間にか、既に手元にない
15:2015/12/02(水)19:11:00 ID:

著作権が切れたんだっけ
16:2015/12/02(水)19:11:01 ID:

>>8
要するに「著作権が消滅した本の出版を禁止することは事実上不可能で
放っておくと誰かがそのまま出版してしまうので、それは非常に困るので
読者を誘導する解説を山ほど付けたうえであえて出版する」って話だったな。
まったく狂っている。
17:2015/12/02(水)19:15:11 ID:

そう、ヒトラーのわが闘争ですらいまだに全世界で販売されている
出版の自由とはこういうことなんだよ
(事実を書いただけの)ヘイト本や絶花を販売するなーと言うのは愚かですよ
18:2015/12/02(水)19:55:10 ID:

いや絶歌は明らかにダメなやつでしょ
快楽殺人犯が再度注目されたい&お金欲しさに当時の殺人の様子をポエムのノリで書くとか
「出版の自由」の前にいろいろ越えちゃいけない線を越えてる
19:2015/12/02(水)20:18:30 ID:

>>18
そんなのアメリカじゃ普通なんだが。
20:2015/12/02(水)20:21:34 ID:

  ガバッ ! !  ______
/:υ::─ニjjニ─ヾ  還付に遅れてしまったお!
/:::li|.:( ○)三 ( ○)\
(:::||!.:υ::::: (__人__)):::: i|
〃 ):::::::::::.   |r┬-| li::::/      ____
/: : : : : : l\`ー ‘/j: : ::ヽ      ||17: 50 || |
\ヽ :ヽ: : : : 7ヽ />: : : :r:\      ̄ ̄ ̄ ̄
( ̄ ⌒⌒⌒⌒ ̄⌒ ⌒ ⌒ヽ         夕方くいんてっ!♪>
ヽ               \
21:2015/12/02(水)20:21:38 ID:

ドイツの法律違反なんじゃないの?
22:2015/12/02(水)20:22:00 ID:

>>19
少なくともアメリカにはサムの息子法があるからその認識は間違っている
23:2015/12/02(水)20:26:20 ID:

日本では堂々と売っていたような記憶があるが…
いつだったか古本屋で「永遠なるヒトラー」を見かけたときは
びっくりしたなあ。こんな本が残っていたとは…と感動したよ。
高かったから買わなかったけど。
24:2015/12/02(水)20:26:25 ID:

>>22
そんなのは知らんが
何にしろ快楽殺人者の映画・ドラマは大量に作られてるし、大量殺人者のファンは多い。
それで模倣犯も出る。
25:2015/12/02(水)20:26:57 ID:

>>23
今も普通に売ってるよ。
26:2015/12/02(水)20:39:45 ID:

読んだことないけど、確か酒鬼薔薇(当時少年)の愛読書として
マスコミで随分取り上げられてたタイトルだよね
27:2015/12/02(水)20:48:15 ID:

>>21
極端から極端へのシグナル・・・かもしれん。だったらヤバイなw
28:2015/12/02(水)20:51:19 ID:

>>27
じゃなくて著作権が切れるから。
30:2015/12/02(水)21:08:57 ID:

>>24
それってフィクションでしょ
少なくとも殺人犯本人が脚本・監督・主演とかやった訳でも何でもない

てか「そんなのアメリカでは普通なんだが」と自分で言っておきながら、サムの息子法も知らないって…
お話にならない

31:2015/12/02(水)21:13:20 ID:

日本語版とドイツ語版では中身がかなり違いので有名。
ドイツ語版には、「日本はずるがしこいのでいずれは戦う相手になる」と書いてある。
32:2015/12/02(水)21:14:15 ID:

所詮リベラルは偽善的幻想よ
どうせなら瓦斯室の事実性にまで踏み込むぐらい行って欲しいが
33:2015/12/02(水)21:24:00 ID:

>>32
>どうせなら瓦斯室の事実性にまで踏み込むぐらい行って欲しいが

それは「わが闘争」とはまったく関係のない話だけど
瓦斯室について証拠をちゃんと検討すれば「ガス室なんてなかった」という結論しか出しようがないから
決して論証しないのさ。
なにしろ「決定的証拠がない」「証言は相互に矛盾していたり、実行不可能なものばかり」だからな。

35:2015/12/02(水)22:18:22 ID:

今のドイツなら規制しようとして逆に炎上させそう