【美容・ダイエット】腹持ちのいいダイエット食材ベスト5

Pocket

【モデルプレス】「腹が減っては戦はできぬ」という言葉があるくらい、お腹が空いていると、いろいろな誘惑との戦いに負けてしまいそうになりますよね。食べたい物を食べたい時に食べられないという我慢ができる強い心を持っていればそれもアリですが、多くの女子にとっては、あまりに我慢ばかりが続くとストレスでイライラしてしまい、ダイエット自体が続かなくなってしまうこともありますよね。

そこで、お腹が空いて何か食べないとどうにもおさまらない時におすすめの、「腹持ちのいいダイエット食材ベスト5」をご紹介します。

第5位:リンゴ
リンゴは食物繊維がたっぷりと含まれた果物の代表。皮の部分には「ペクチン」という食物繊維が豊富に含まれているので、キレイに洗ったら、皮ごと食べましょう。
また、腸内環境整備に役立つ「セルロース」もたっぷり。少量でもお腹にしっかりと溜まって長く食欲をコントロールしてくれます。
シャクシャクとした歯ごたえと素朴な甘さを噛みしめながら、ゆっくりと食べましょう。時間をかけて食べた分だけより多くの満腹感を与えてくれますよ。

第4位:豆腐
健康にも美容にもプラス効果を持つ大豆を原料とし、水分をたっぷりと含んでいる豆腐は、生でも煮てもおいしく女子のお腹を満たしてくれます。
サラダや冷奴として食べたり、味噌汁の具として加えたりするほか、きな粉をかけてデザート風にしたり、キノコあんかけに加えて食べるなど、工夫次第でアレンジがきくのも嬉しいですね。
植物性の良質タンパク質が摂取できるので、ダイエット中の栄養補給と美容のためにも是非とも積極的に取り入れたい食材です。

第3位:バナナ
甘くておいしいバナナ。1本食べても80kcal程度とカロリーはかなり低いのに、満足度は高い果物です。食べ過ぎはよくありませんが、朝ごはんや間食として半分~1本程度を食べることでかなりお腹は満たされるはず。ダイエットやエクササイズ前後のエネルギー源としても適しています。
バナナはできるだけよく熟れた皮に少し茶色の斑点が出始めた頃のものを食べましょう。一緒にプレーンヨーグルトを食べるとお腹スッキリ効果も倍増ですよ。

第2位:ゆで卵
卵は高タンパク。しっかりと固くゆでた卵は消化されるまでに時間もエネルギーもたっぷり必要とするため、たった1個のゆで卵でも腹持ちは抜群。さらに、消化のためにエネルギーを消費するので、ダイエット効果がある食材だといわれてもいます。
固ゆで卵はパサついて苦手だという人は、少量の塩や味噌につけ込むとおいしく食べられますよ。

第1位:ポテト
低カロリーなのに、各種ビタミンや食物繊維がたっぷりと含まれている野菜がイモ類です。ジャガイモもサツマイモも腹持ちの良さではトップクラス。デザートとしてはサツマイモを使った焼き芋やスイートポテトなどが浮かびますが、砂糖が加えられたものは、ダイエット中なるべく控えましょう。
ポテトの仲間は、スープやサラダなどとして、上手く食事に組み込むことで、少ない食事量でお腹を長く満足させる食材として利用することができます。

いかがでしたでしょうか?いくら腹持ちが良くてダイエットになるからといって、味気ないものばかりではつまらないですね。腹持ちのいい食材を上手に組み合わせれば、飽きることのないダイエット中の空腹対策となります。上記ベスト5の食材はどれも、そのままでも美味しく食べられるもの、またはちょっとの工夫でいろいろなアレンジが可能なものばかり。お腹をしっかりと満たして、ダイエットで勝利をおさめたいですね。(modelpress編集部)

ソース元:http://mdpr.jp/diet/detail/1468582