【グルメ】賞味期限切れの蜂蜜を食べてもOKは真実?

Pocket

ホットケーキにかけたり、紅茶やコーヒーに入れたり、パンに塗ったり。また、料理の調味料としても使え、長期保存もでき、とても便利な蜂蜜。皆さんは蜂蜜をどんな風にどんな時に使っているのか、「おしトピ by 教えて!goo」で聞いて見たところ、こんな声が寄せられた。

「蜂蜜、どんな時に使っている?」

■料理やお酒の隠し味に

「酸っぱく漬かったきゅうりのぬかずけにはちみつをちょっぴりディップして食べるとGood!」(闘魂31さん)、「カレーに少し入れると冷めても塊にならず、温めるときに混ぜやすいですよ」(ともpさん)、と工夫を凝らした使い方をしている回答が見られた。

ほかにも、「お酒が好きなので、焼酎のお湯割りをするときに、梅干しやレモン果汁を入れるのですが、その時に“はちみつ”で甘みを付けるとおいしくなります」(佐藤さん改め加藤さんさん)、とアルコールドリンクの酸味を中和するような使い方も。

■のどが痛いときにも

さらに、「喉がイガイガした際にうがいで使用しています。荒れた喉に気持ちが良いです」(青梵天さん)、「のどが痛い時に、パンに塗って食べたりしています」(よっぽっぽさん)、など 喉の調子を整えるときに使うという回答が多かった。

「パンに塗る」という単純な回答が多いと思ったが、意外にいろいろ工夫した使い方がされていることが分かった。

■期限が過ぎても大丈夫とはいうものの

ところで、ハチミツには他の食品同様に賞味期限が表示されているが、「期限が過ぎてから食べても大丈夫」という説がある。果たして本当なのか、山田養蜂場に聞いてみることにした。

「賞味期限である2年以内にお召し上がりいただくことをおすすめしていますが、未開封の状態であれば期限を過ぎても大丈夫だと思います」

たしかに抗菌力が強い純粋蜂蜜は腐りにくいという特徴があるという。とはいえ、2年を過ぎると風味が変化してしまう可能性があるので、その場合は調味料として使用すればいいそうだ。

では、冷蔵庫に入れておけばどうか。

「冷蔵庫に入れると成分が結晶化してしまうことがありますので、できれば常温保存でお願いします」

乾燥した、涼しい場所が好ましいとのこと。また、開封して使用する際には、スプーンに付着している水分や汚れをよくふき取ってからすくうなど、異物がなるべく蜂蜜びん内に残らないようにするのも蜂蜜を長持ちさせ、味を保つ工夫だという。

蜂蜜を美味しくいただくなら、常温保存で期限内に食べてしまうのがベスト。前述した回答を参考にどんどん使ってしまおう!

ソース元:http://oshiete.goo.ne.jp/watch/entry/62f83a0226ae1dd2ab9c8030077c60fa