【グルメ】首都圏でも人気? 福島県民がこよなく愛する「酪王カフェオレ」

Pocket

福島県郡山市にある酪王乳業が製造販売する「酪王カフェオレ」は、県内ではどこのスーパーやコンビニ、学校や職場の自動販売機でも販売されている人気商品だ。この「酪王カフェオレ」が最近首都圏でも見かけるようになった、と話題になっている。
20150311_8
発売は1976年。福島県産の新鮮な牛乳を、ふんだんに使っているのが特徴だ。これまで首都圏ではあまり知られていなかったが、地元出身者などが中心となって、「福島酪王カフェオレ会」をウェブ上で立ち上げるなど、非常に愛されているご当地ドリンクとして知られている。同会のサイトには、県外で「酪王カフェオレ会」を購入できる場所を有志たちがまとめた販売店マップがあるが、その充実ぶりは驚くばかりだ。

最近では首都圏でも、酪王カフェオレを買い求められるお店が増えている。その人気ぶりを取り上げるニュースサイトも出た。

これをきっかけに、ツイッターでは地元出身者を中心に、酪王カフェオレの話題で持ちきりだ。半信半疑の人もある一方、関東でも人気というニュースに、福島県民はまんざらでもない様子だ。

ソース元:http://j-town.net/tokyo/news/localnews/201774.html
ニュースサイト:http://matome.naver.jp/odai/2137693597345946501
酪王オンラインショップ(関東・東北限定通販)ソース元:http://rakuou.shop21.makeshop.jp/