【TV・映画】千葉雄大が“書店男子”に 渡辺麻友・稲森いずみの間で揺れる役どころ

Pocket

ドラマやバラエティー番組で人気の俳優・千葉雄大が、書店で働くイケメン“書店男子”役で、4月スタートの関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『戦う!書店ガール』(毎週火曜 後10:00)にレギュラー出演することが4日、わかった。

千葉は「書店が舞台ということで、普段自分が通っている本屋さんより一歩踏み込んだところを経験できることをすごく楽しみにしています。見ている方が前向きな気持ちになれるドラマになるよう、一生懸命頑張ります」とコメント。
20150305_3
同ドラマは、渡辺麻友(AKB48)と稲森いずみのW主演で、20代と40代の働く女性が、世代間ギャップや境遇の違いから互いにぶつかり合いながらも、仕事や恋の困難に果敢に挑み、乗り越えていくことで互いに成長していくウーマンライフドラマ。

千葉が演じる三田孝彦は、物静かな文学青年風な雰囲気を身にまとい、他人の良いところも、悪いところも見抜いてしまうため、人と一定の距離を保とうとする不器用な性格の持ち主。恋愛面においては自由奔放な亜紀(渡辺)に言い寄られる反面、自分を書店員として育て上げてくれた年上の理子(稲森)に特別な感情を抱く、難しい役どころ。

「自分から話しかけるのは苦手」と引っ込み思案なところがある千葉だが、「共演させていただく渡辺さん、稲森さんとは、同じ書店員として、楽しく働かせていただけたらと思っています」と、自らの成長を目指している。

理子が行きつけの沖縄料理店の店主役にマキタスポーツ、理子のよき話し相手であり一番の理解者である、関西弁が特徴的な子持ちの書店員役に濱田マリの出演も決定した。

ソース元:http://www.oricon.co.jp/news/2049506/full/